禁煙のご相談│たいようファミリークリニック|名古屋市中川区の内科・整形外科・小児科

初診WEB予約初診WEB予約

禁煙のご相談NON SMOKING

禁煙のご相談について

禁煙治療は、禁煙に関するご相談を承っている医療機関で受けることができます。禁煙治療には健康保険を適用することができ、健康保険を使用した禁煙治療にかかる費用の総額(患者自己負担額)は、1万3千~2万円程度です。
健康保険等で受けるには一定の要件があり、1回目の診察で医師が確認いたします。要件を満たさない場合でも、自由診療(自己負担)で禁煙治療を受けていただくことができます。

標準的な禁煙治療のスケジュールでは、12週間にわたり合計5回の診察が行われます。

健康保険で治療を受けるための要件

2006年4月から、以下の4つの条件を満たせば、健康保険等を使って禁煙治療を受けることができるようになりました。

  • (1)ニコチン依存症を診断するテスト(TDS)で5点以上
  • (2)ブリンクマン指数【1日の喫煙本数×喫煙年数】が200以上
    (2016年4月より35歳未満には上記要件がなくなりました)
  • (3)禁煙したいと思っている
  • (4)医師から受けた禁煙治療の説明に文書で同意する
こちらの要件を満たさない場合でも、自費診療として禁煙治療を受けることが可能です。

ニコチン依存症の判定テスト(TDS)

Q1, 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。 はい
いいえ
Q2, 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。 はい
いいえ
Q3, 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。 はい
いいえ
Q4, 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。

・イライラ ・眠気 ・神経質 ・胃のむかつき ・落ち着かない ・脈が遅い ・集中しにくい ・手のふるえ ・ゆううつ ・食欲または体重増加 ・頭痛
はい
いいえ
Q5, 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。 はい
いいえ
Q6, 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。 はい
いいえ
Q7, タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。 はい
いいえ
Q8, タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。 はい
いいえ
Q9, 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。 はい
いいえ
Q10, タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。 はい
いいえ

【 5点以上でニコチン依存症の診断です。】

結果表示
結果はこちらに表示されます

当院で処方する治療薬

禁煙補助薬を使用すると、ニコチン切れの離脱症状があらわれにくくなり、禁煙を続けやすくなります。
禁煙補助薬には、ニコチンを含まない飲み薬、ニコチンパッチ、ニコチンガムの3種類があります。その中で医師が処方し、健康保険等が適用可能なのが、ニコチンを含まない飲み薬と医療用のニコチンパッチです。ニコチンガムと一部のニコチンパッチは、薬局で購入可能な一般用医薬品に分類されます。

飲み薬とニコチンパッチは、どちらが正解・不正解といったことはありませんが、1点注意が必要です。禁煙治療中であれば薬の変更が可能ですが、禁煙治療終了後に保険を使用して再度挑戦する場合、1年間待たなければなりません。「ニコチンパッチで禁煙できなかったから、次は飲み薬で挑戦しよう」となっても、1年間待つ必要があります。
そのため、どちらで治療するか悩まれた方には、まず飲み薬を服用していただき、副作用が出た場合には、ニコチンパッチに変更するという流れが一般的です。

ニコチンを含まない飲み薬

ニコチンを含まない飲み薬は、少量のドパミンを放出させることで、イライラなどのニコチン切れの離脱症状を軽減します。また、タバコを吸っても「おいしい」と感じにくくなります。服用の仕方は、飲み始めの3日間は1日1回とし、4日目から1日2回服用します。最初の1週間はタバコを吸ってもよく、8日目から禁煙を開始します。通常、12週間服用し、その間に5回の診察を受けます。

メリット
  • 飲むだけなので簡単
  • 接客などの職種の人や、歯やあごの問題でガムを噛めない人でも服用できる
  • ニコチンを含んでいないため妊婦の方にも使用できる
  • 肌の弱い方でも使用できる
デメリット
  • 吐き気、不眠、頭痛等の副作用があらわれることがある
ニコチンパッチ

ニコチンパッチは、ニコチンを含んだ貼り薬です。1日1回、上腕やお腹、背中などに貼ります。医師の処方で健康保険等が適用できるタイプと、薬局で購入可能なタイプがあります。
体からニコチンが無くなった際にあらわれる不安、気分の沈み、イライラ、落ち着かない等の症状を、タバコではなくニコチンパッチからニコチンを補うことで、症状を和らげ禁煙をサポートします。

メリット
  • 貼るだけなので簡単
  • 主な副作用が不眠、テープかぶれで、副作用が全体的に少ない
デメリット
  • 飲み薬に比べて効果がやや落ちる
  • 妊婦の方には使用できない
  • 重度の狭心症や不整脈、心筋梗塞後等の心疾患のある方には使用できない
  • 汗をかくことが多い方、スポーツをしている方には使用しにくい